記事件数も50件を越えてきたので
今まで取り上げてきた施設を路線別に分類したいと思います
設備ごとは、今までどおりサイドの記事分類からお願いします

駅名の後の記号は、タグ分類に対応しています
普通鉄道
(レ):レール (軌):一般軌道 (分):普通分岐器
(S):シングルスリップスイッチ (D):ダブルスリップスイッチ
(複):複分岐器 (三):三枝分岐器 (式):三・四線式軌道・分岐器
():脱線乗越分岐器横取装置 (C):轍叉(クロッシング)
(止):車止 (転):ターンテーブル (ガ):ガントレット・検重線
(踏):踏切 (ト):トラバーサー (O):その他設備 (ラ):ラック式

特殊鉄道
(特軌):軌道 (特分):分岐器

(遊):遊覧鉄道
(外):事業外鉄道
(街):街角軌道
(神):鉄道神社

(機):軌道機械

軌間別
広軌(1435mm以上) 標準軌(1435mm) 馬車軌間(1372mm) 狭軌(1067mm)
3ft軌間(914mm) ナローゲージ(762mm) 特殊狭軌(610mm以下)

地図からの一覧はこちらから
レイルエンヂニアリング Googlemap

写真は撮ってあるけどまだ記事になって無い一覧
リクエストもどうぞ

▼ 続きを読む
2017.02.18 (Sat) 00:24 CM13. TB1.
[ 趣味・実用 : 鉄道 ] [ 分類 : 未分類 ]
高倉跨線橋
DMC-GM1_P1020693.jpg
もう40年近く前に無くなってしまった
日本で初めての電車である京都市電ですが
現在でも少しですが遺構を確認することができます

DMC-GM1_P1020694.jpg
こちらは京都駅のすぐ東側にある高倉跨線橋
この橋自体も昔は市電が通っていました
線路北東側の石垣に、溝付きレールが逆さまに何本も埋まっており
そのうちの何本かは現在電柱の支えワイヤーの土台となっています

位置情報(google map)

DMC-GM1_P1020713.jpg
こちらは線路南東側のガードレールが古レールでできています

DMC-GM1_P1020722.jpg
刻印は塗装が剥げて読みづらいですが
20 MARYLAND OH ||||||||||| 1923 75 ASCE
アメリカメリーランド製鋼1923年11月製75ポンドレールの様です

DMC-GM1_P1020731.jpg
反対側のフェンス下部も古レールでできていました

梅小路公園 市電ひろば
DMC-GM1_P1050290.jpg
車両がたくさん展示されている所ですが
足元に路線図がありました

位置情報(google map)

10年目のごあいさつ

このブログも、丸9年続けることができました
こんな偏った内容のブログに来ていただけて、本当にありがたく感じております
昨年はとうとう熊本のカエルも引退してしまいましたが
個人的にはお別れに行くことができてよかったです
鉄道施設としては、阪堺住吉の平面交差が無くなってしまったり
京都鉄博では突然カーリターダが展示されたり
長門市と三次の転車台が下今市と鬼怒川温泉に移設されたりと
固定された設備といえど、変わってしまう所は変わってしまうものだと強く感じました

この1年間では17件、9年間で553件の記事を書かせていただきました
今年は可部線の復活開業もありますし
常にアンテナを張りながら
これからも変わりゆく軌道設備の姿を記録していけたらと考えています

TOPの写真も新しくしてみました

14代目の写真
2017.1.26~

熊本電鉄の5000系引退を見送った際の写真の1枚です
最後の最後にきれいに塗装してもらった5000系
北熊本駅所属を示す「 キ タ 」が誇らしげに見えました

2017.01.26 (Thu) 00:03 CM12. TB0.
[ 分類 : 未分類 ]
1372mm/1067mm三線式軌道

京王れーるランドは思いっきりお子様向けの施設ですので、
あまり期待しないで中に足を踏み入れてみたのですが
展示室の一番奥の奥に、テンションの上がるブツが設置されていました
1372mm/1067mmの三線式軌道は初めて見ました
京王さんの車両工場とかにはもしかしたら敷設されているかもしれませんね

DMC-GM1_P1210348.jpg
わかってますよ、車輪を展示していることは
でも、ちょこっとどかしてもらえないかなぁ(笑)

DMC-GM1_P1210346.jpg

参考リンク
公式HP
1階の③、電車のしくみコーナーに展示されています

位置情報(google map)

トロッコ転車台跡

旧陸軍の火薬庫で弾薬を運ぶために使用されていたトロッコの転車台
市民病院の建て替えの際に発見され
敷地内で少し場所を移動してこのような形で保存されています

軌間測るの忘れたけど、
コンクリートブロックの大きさからすると600mmくらいでしょうか

参考リンク
市立ひらかた病院敷地内に「禁野火薬庫のトロッコ転車台」を設置しました/枚方市

位置情報(googlemap)

現役または桁が現存している転車台 現在123台

2017.01.09 (Mon) 23:43 CM18. TB0.
[ 趣味・実用 : 鉄道 ] [ 分類 : 普通鉄道 ターンテーブル(転車台) ]
[ タグ : 転車台 ]
建設中転車台
DMC-GM1_P1210662.jpg
東武鉄道で進んでいるSL復活プロジェクト
その計画の一つとして、下今市駅と鬼怒川温泉駅に転車台が設置されるそうです
しかも新設ではなく、下今市には長門市駅に設置されていた上路式転車台
鬼怒川温泉には三次駅に設置されていた下路式転車台が移設される予定です
下今市駅のホームからは、建設中の転車台ピットと扇形車庫が見えました

位置情報(googlemap)

DMC-GM1_P1210673.jpg
駅を出て裏へ回ってみたところ、転車台と車庫の間は一般道だったため
すぐ近くまで近づくことができました

DMC-GM1_P1210668.jpg
SL用だけあって、高さもありますね

鬼怒川温泉駅
DMC-GM1_P1210698.jpg
鬼怒川温泉の転車台は、駅前広場の一角をつぶして設置されるようです

位置情報(googlemap)

DMC-GM1_P1210703.jpg
建設現場はフェンスで囲まれていますが、
曲がり角には衝突防止用の透明なパネルが設置されているので、
中を確認することができます

DMC-GM1_P1210694.jpg
駅中のレストランのショーケース内に、完成予想の模型が提示されていました
単純に方向転換だけの用途なので、接続する線路は通しの2本だけだと思います(笑)

参考リンク
東武鉄道SL復活運転プロジェクト 運転・車両・施設計画
山陰本線 - 長門市
芸備線 - 三次