記事件数も50件を越えてきたので
今まで取り上げてきた施設を路線別に分類したいと思います
設備ごとは、今までどおりサイドの記事分類からお願いします

駅名の後の記号は、タグ分類に対応しています
普通鉄道
(レ):レール (軌):一般軌道 (分):普通分岐器
(S):シングルスリップスイッチ (D):ダブルスリップスイッチ
(複):複分岐器 (三):三枝分岐器 (式):三・四線式軌道・分岐器
():脱線乗越分岐器横取装置 (C):轍叉(クロッシング)
(止):車止 (転):ターンテーブル (ガ):ガントレット・検重線
(踏):踏切 (ト):トラバーサー (O):その他設備 (ラ):ラック式

特殊鉄道
(特軌):軌道 (特分):分岐器

(遊):遊覧鉄道
(外):事業外鉄道
(街):街角軌道
(神):鉄道神社

(機):軌道機械

軌間別
広軌(1435mm以上) 標準軌(1435mm) 馬車軌間(1372mm) 狭軌(1067mm)
3ft軌間(914mm) ナローゲージ(762mm) 特殊狭軌(610mm以下)

地図からの一覧はこちらから
レイルエンヂニアリング Googlemap

写真は撮ってあるけどまだ記事になって無い一覧
リクエストもどうぞ

▼ 続きを読む
2018.07.10 (Tue) 23:17 CM14. TB1.
[ 趣味・実用 : 鉄道 ] [ 分類 : 未分類 ]
ダブルスリップスイッチ(DSS)

台北駅の第三月台Aの台中方に設置されているDSS
地下区間なので全然見えなかったのですが
列車の明かりで確認することができました
DMC-GM1_P1340377_2018-06-09.jpg

位置情報(google map)

DMC-GM1_P1340351_2018-06-09.jpg
台北駅の線路
締結装置は捷運がフォスロなのに対してこちらはパンドロールですね
ただインシュレーター(絶縁材)が無いのが不思議です
軌道回路使ってないのでしょうか?

フォスロ型コンクリート直結軌道
DMC-GM1_P1340242_2018-06-08.jpg
台北地下鉄(MRT)の線路は見える範囲でほぼフォスロでした
前回の桃園機場捷運とはタイプレートの形が異なっていますね

板南線 - 南港展覧館
DMC-GM1_P1340688_2018-06-09.jpg
Ravie式可動車止と「軌道終點」

淡水信義線 - 士林
DMC-GM1_P1340312_2018-06-08.jpg
夜市帰りの分岐器
地上区間の分岐器は明るければ見えそうですね

北門駅のコンコースで見かけた広告
DMC-GM1_P1340318_2018-06-08.jpg
レール削正車の紹介のようです
DMC-GM1_P1340319_2018-06-08.jpg
隠れたヒーローって感じでしょうか

以下ホームとか改札機

フォスロ式コンクリート直結軌道

桃園機場捷運は台湾の桃園国際空港と台北市内を結ぶ鉄道です
一般の線路は基本的にこのフォスロ式締結装置が使用されていました
また台北市内の地下鉄も同じ締結装置が採用されています

位置情報(google map)

DMC-GM1_P1340232_2018-06-08.jpg
車止はラヴィ式可動式車止が使われていました

DMC-GM1_P1340204_2018-06-08.jpg
坑口站近く蘆竹機廠の分岐器
DMC-GM1_P1340207_2018-06-08.jpg
拡大したところ、分岐器の締結にはパンドロールが使用されていました
また車両基地内の分岐器ですが、弾性トングレールと溶接クロッシングも採用されていました

位置情報(google map)

DMC-GM1_P1350061_2018-06-10.jpg
こちらは領航站近くの青埔機廠の独立分岐器
訓練用の設備でしょうか

位置情報(google map)

11年目のごあいさつ

このブログも、丸10年を迎えることができました
正直ブログの更新にはあまり時間を割くことができませんでしたが
ブログの内容を初めて本という形でまとめることができ
さらにコミケではブログ見ていますの声と共に
多くの方に手に取っていただくことができました
応援していただけている方を実際に感じることができた
そのことをモチベーションに
また1年がんばっていきたいと思います

この1年間では11件、10年間で557件の記事を書かせていただきました
日本で見たいものもだいぶ見れたし、
そろそろ台湾辺りでも行ってみたいなと思ったりもしています(笑)

TOPの写真も新しくしてみました

14代目の写真
2017.1.26~
DMC-GM1_P1240617_2017-05-04.jpg
広島県呉市にある「アレイからすこじま」にある桟橋軌道です
海と線路と潜水艦のコラボはウチのブログ的でもあり、そうでもない感じで好きです

2018.01.26 (Fri) 22:49 CM12. TB0.
[ 分類 : 未分類 ]
昨年の12月31日に開催されたコミックマーケット93(C93)において
このブログの10年分をまとめた写真集を2種類発行させていただきました

stsop.jpg
 特殊分岐器写真集
 STS
 (Special Turnout Switches)
 全144ページ フルカラー




srtsop.jpg
 特殊鉄道の分岐器写真集
 SRTS
 (Specified Railway Turnout System)
 全36ページ フルカラー



おかげさまでコミケでは当日持ち込んだ各50冊が完売となりました
当日買えなかった方および遠方の方向けに
完全受注生産ではありますが通販を行っております
上記画像または下のリンクから飛べます
締切は平成30年1月31日24時とさせていただいておりますので
もしよろしければ見ていただけると幸いです

https://railengineering.booth.pm
2018.01.08 (Mon) 00:51 CM0. TB0.
[ 分類 : 未分類 ]
ダブルスリップスイッチ(DSS)×2

光明池車庫の入口にある双子のDSS
前から存在は知っていたものの、車庫の中で半分あきらめ入っていましたが
撮り鉄の友人が車内から撮った写真にバッチリ写っていたのを見て
チャレンジすることにしました

P1280069.jpg
そんな訳で都合2往復、チャンス4回の内、ベストの2枚が上記の写真です
1乗車ごとに改札抜けては逆戻りなので、駅員さんには不審者に映ったことでしょう(笑)

P1280057.jpg
左側のDSSと保守車両
旅客車両だけではなく、保守用車の基地にもなっているようですね

P1280077.jpg
こちらが本線から車庫への入口です

位置情報(google map)

以下他に気になったもの